石油先物契約 – 黒い金を取引する方法

IronFX - 石油先物契約 – 黒い金を取引する方法

“黒い金”である石油は世界経済において非常に重要な役割を持った天然資源であるとIronFXは主張します。石油は、地下深くから吸い上げられるのですが、世界経済に多様な用途として貢献しています。燃料からプラスチックの製造、電化製品、他にもあります。
石油価格は、世界経済同様に私たちの生活のほとんど全ての経済的側面に影響を与えます。石油の先物契約は石油取引を行う主要な金融手段であり、実際に商品を扱うことなく利益を得ることができる手段としての投資チャネルであるとIronFXは説明しています。石油の先物契約は今日では複数の方法で可能となっています。

先物契約市場は、農作物、エネルギー、金属といったコモディティにとって主要な市場となっています。実際には、石油先物のおかげで、売り手と買い手は契約が実施される時にコモディティ市場の価格で供給日の価格を決めることができます。したがって、両者にとってのリスクと不確実性を低減することができ、金融市場の投資家にとって利益を得る機会を作ることができるとIronFXは説明しています。石油先物やその他の商品を取引することによって、市場でロング(購入)あるいはショート(売却)のポジションを取ることができます。価格が上がればロングポジションを取った者が利益を得て、価格が下がればショートポジションを取った者が利益を得ることができます。

石油先物取引は通常は基準となる契約サイズで実施されます。石油1000バレルがひとつの基準となる契約であり、e-mini契約は500バレルで実施されます。石油先物取引の最小価格変動幅は1バレルにつき1セントであり、大きな契約では、1セントの価格変化が10USDの変化になります。そして、e-mini契約では、最小の価格変動幅は25セントで、12.5USDの変化を意味します。
石油先物市場で取引される原油には次のような2つの主要な種類があります:
WTI原油:時にはテキサスに言及されますが、それは、燃料生産の特徴と持続可能性によるもののためです。 WTIの名前はWestern Texas Intermediateの頭文字で、世界で生産される原油の主流な種類となります。過去には、長年にわたって石油先物が取引される際にはWTIは他の種類のものにくらべて価格が高かったのです。しかし近年では、傾向は変化しているとIronFXは主張しています。
ブレント原油:これは北海を採掘して汲み上げられる原油です。北海では大きな貯蔵量が頻繁に発見されています。この原油は世界中の燃料消費の1パーセント以上を占めるのみです。しかし、未だに世界の燃料と石油蒸留物の価格に大きなインパクトを与えています。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *