金先物契約 – 金を取引する方法

IronFX - 金先物契約 - 金を取引する方法

金は宝石を作るのに使われ、特定の産業において特定の度合いで使用される高価な金属です。しかし、この高価な金属の本質は金融投資の手段であることであるとIronFXは主張します。金先物は金をトレードする金融投資家にとって中心的な手段として機能し、認定を受けたブローカーによって世界のコモディティ市場を通じて行われます。この金属は先物だけでなく、上場取引ファンドやインデックス、株式とともに適切な会社で取引を行うことができます。

保守的で投機的な投資手段

IronFXによると、金は今日では産業目的でほとんど使用されず、年間の世界のコモディティ取引の2%にも満たないそうです。しかし、金融商品として、金は健在であり、取引高はコモディティ市場全体の数十パーセントに上ります。金は伝統的に、広く、正当的に危機的時期やインフレ時のヘッジングの資産として防衛的なものだとみなされてきました。したがって、例えばUSドルが弱いときには、たいてい金はより強くなるとIronFXは言います。さらに2008年の金融危機以降、金は注目すべき価格を記録しました。1オンス1500USD以上です。すべてのコモディティの中で、金が最も取引がなされ、そこで取引された合計量は、現在地球に存在する物理的な金の合計量よりもはるかに大きかったとIronFXは説明しています。
そのため、“輝かしい”金先物市場での金の価格と取引に関して、投資家の気分と同様に様々な者たちの投機的な活動により大きな影響を受けました。金融の不確実性のために、伝統的な金へのラッシュがあり、それは金融のいかり、あるいは“しっかりした地面”としてみなされています。もちろん、国や大きな金融機関の他に、投資家は物理的な金を保有しておらず、金属に投資をすることはETFや信託基金、産業会社の株式、あるいはCFDを使用している認定ブローカーなどを経由して行われています。

 

金先物取引

先物市場はコモディティの金融活動の確信となっています。金先物は、コモディティ市場で直接取引される際は物理的な金の移動が規制されています。しかしながら、大きな金融機関は物理的に商品を扱うことなく先物取引を実行します。スタンダード金先物は100オンスの一連のサイズで行われます。そして、e-miniは33オンスです。スタンダードあるいはe-mini契約の最小価格変動幅は1オンス10USセントで、スタンダードでは10USDの変化となり、e-miniでは3.3USDの変化になるとIronFXは説明しています。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *