IronFXによると、コーヒー市場は世界のコモディティ市場で2番目に大きいです

IronFX - IronFXによると、コーヒー市場は世界のコモディティ市場で2番目に大きいです

コーヒーは15世紀にはエチオピアで消費されており、ベネチアを通ってヨーロッパへと広まりました。当時北アフリカとは貿易関係はありませんでした。コーヒーは18世紀にアメリカへと広まり、そこではコーヒー豆はフランス領ギニアからブラジルへ密輸されました。奴隷を使うことによって世界にコーヒーの生産が増加し、貴族の飲み物から大衆の飲み物へと変化しました。長い年月を経て、ブラジルは最大のコーヒー生産国と輸出国になり、世界のコーヒーの3分の1を生産しています。

IronFXの説明によると、今日ではコーヒーの木は70カ国以上で栽培されており、ラテンアメリカ、東南アジア、アフリカが主な地です。やく50種のコーヒーがありますが、ほとんどの商用コーヒーは2種類からなっています。アラビカ種(硬貨で高品質な種)とロブスタ種(安くて含まれるカフェインが少ない)の2種です。アラビカコーヒーは世界のコーヒー消費の70%を占め、ロブスタは25%を占めます。

IronFXの推測によると、22.5億杯のコーヒーが日々消費されています。国際コーヒー機関のデータによると、コーヒーの消費量は増加することが期待されています。それは、人々が西洋文化により精通しはじめていることと、中国、インド、ラテンアメリカでのコーヒー消費が増えているからです。
コーヒーの価格に影響を与えるものは何か?

コーヒー価格はきわめて大きく変動します。短期的にみてコーヒーの需要は比較的安定しており、消費者の可処分所得に打撃を与えないということを考慮すると、これは少し驚くべき事実であるとIronFXは言います。つまり、コーヒー価格の極端な変動は供給の変化から主に生じます:

  1.  気象条件 – 何より、コーヒー価格は供給を混乱させるような予期しない大きな気象の変化に影響を受けます。例えば、2014年、アラビカコーヒーの価格はブラジルの干ばつによっておよそ50%上昇しました。ブラジルは世界最大のコーヒー生産国です。
  2. 船舶費用 – 生産国と消費国の間にかなりの距離が存在するため、コーヒー価格は国家間の船舶費用に影響を受けます。
  3. 地政学上の緊張 – 大きなコーヒー生産国は発展途上国のため、これらの国に対する政治的な緊張の特性が出荷に混乱を引き起こします。さらに、国家間の取引関係がコーヒー豆の価格に大きな影響を与えます。
  4. 投機的な投資 – コーヒー豆は先進国市場と途上国市場の双方にとって望ましい商品であるとIronFXは説明しています。この商品の巨大な消費はコーヒーの先物取引市場を作り出しました。コーヒー市場は(金融的に言うと)世界で2番目に大きなコモディティ市場であり、世界経済にとって非常に重要なものです。
Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *