IronFX – 先物契約

IronFX – 先物契約

IronFXによると、将来の契約は最も人気のある投資商品とのあいだのものになるでしょう。彼らはある特定の日に、特定の金額で将来の取引が行われるために使用されます。将来の契約は、株や商品、債権などの資本市場のほとんどの商品に適用されます。

将来の契約―未来における取引の実行時間における買い手と売り手の間の同意

株式の販売に関して、将来もまた取引には2者が存在します。商品の売り手と、買い手です。それはゼロサムゲームであるという事実にも関わらず、つまり、一方が利益を得て、もう一方が損失を被るということだが、当事者たちは正反対の考えの下に取引を実行しています。一方は指標は下がるだろうと考え、もう一方は上がるだろうと考えています。理論上、通常買い手は売り手と特定の数の投資商品を、事前に同意した価格で受け取るということに同意しています。前もって購入する理由は、先の日付における価格の保証のためです。というのも、買い手は商品の価格が上がるだろうと信じているからだとIronFXは主張しています。
将来は資本市場の外でも同様に行われ、将来の契約の前者は米の購入という形で日本で見受けられました。この契約は、1730年に結ばれましたが、先物は取引業者かんで実行されたと仮定するのには非常に道理的なものです。先物は売り手は事前に決められた日に事前に決められた収入を得るということが保証され、買い手は決められた日に契約で定められた市場価格ではない価格で商品が保証されました。
先物は同意された価格で投資商品の将来にわたる購入が認められるとIronFXは説明しています。取引における収益は、同意された価格での価格と現物市場の価格とでは違いが生じていました。

どのくらい一般的なのか?

今日、先物は多様な投資商品において取引が行われており、その中には株式、コモディティ、債券などがあります。私たちはインデックスも先物で購入することが可能であるとIronFXは付け加えます。世界中では、80以上の株式市場が先物取引を扱っています。先物の取引量は巨大で、日々500億USD以上であると見積もられています。先物の取引高は上昇しており、人気は非常に上昇しています。2010年以来、この投資商品の取引量は2倍にもなっています。
先物の2つの一般的な種類

2種類の先物が市場において注目を浴びています
将来の契約 – 一般的な将来の契約で、購入される商品、量、購入日、単位あたりの価格を買い手と売り手で同意された条件で行われます。これらは一般的な先物取引であるとIronFXは説明しています。彼らは自由に移動させたり、取引をさせたりすることができ、ほとんどの先物がこのタイプです。
先渡し取引 – 個人に合わせて作られた一般的ではない先物であり、買い手と売り手が個人的に行うものです。これらの種類の先物は銀行による先物取引で一般的であり。通常は移動や再び売ることはできません。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *